カベジマ研究所2

Legasyswareのゲーム開発と日常をゆるく適当に綴っていくブログ

ガン・コモンと言う名の終わらない夏休みの宿題。

自分が今何をしているか・・・誰にも言わなければ解らない、
知られることはない・・・なんて言うのは幻想だ。


押しなべて世は陸続き。
どこで何をしていようとも見ている人は見ているし
聞いている人は聞いているだろう。


だとすれば自分のことは全て人に知られている、
そのくらいに考えて普段行動する方がいい。


時に発言に気を使わない、気をつけない人がいる。
いいんだこれはオフレコだ、なんて思うかもしれないが
誰かに聞かれた時点でそれはもう筒抜けだと思った方がいい。


人づてに聞き、その場に居なかった人間からすれば
どこの誰の言葉であろうと恐るるに足らず、
耳から入った言葉は真偽はともかく話のタネに過ぎぬのだから。


壁に耳あり障子に目あり・・・これ昔書いた気もするけど
知られているならば今更隠す必要もない。


後ろめたいところがないのならば堂々としていれば良い。
何か聞かれたならズバッと答えればいい。


だってその方がずっと楽でしょう?




ガン・コモンは・・・あまり進んでいません。
現在は3面の背景を作っているところですが・・・苦戦中。


元々背景を描くのはそれほど得意でもないのでスイスイ進まないのも
規定路線なんだけど3面は熱帯雨林上空と言うロケーションになってて
まあジャングルなんて描いたことないんで色々と苦戦していますよ。


マングローブ林の画像検索したりヤシの木調べたりとかね・・・。
ガン・コモン完成した後の流用ゲームは得意な要素のみで
チョチョイと片付けたいですね。


ホントは可愛いキャラとかファンシーなのとかが得意なんでね。
ガン・コモンで楽だった部分は・・・一つも無いかな。


音楽の担当はaRECなんだけどゲーム中のBGMや効果音も新規で作ってて
新しいシーンを作ればその度に素材が必要になってその都度作っている。


ゲーム中のBGMはほぼ全て出来上がっている(とは言えブラッシュアップは必要)けど
本編とは別のモードである耐久モード用のBGMは新規で何曲か用意する必要があって
本編のBGMはガン・コモンのテーマである『怒り』『悲しみ』『憎しみ』『分断』『共有』を
サウンドにより表現しているのだけれど耐久モードに関してはそれらは考慮せずに
ノリのよい曲、明るい曲、ゲームっぽい曲、爽快感のある曲・・・など、
意図的に本編よりもとっつきのよい曲を収録しているのでこれまでの動画で
音楽が変ってて苦手・・・なんて思った方も大丈夫です。


耐久モード用の曲は全部で何曲入るのかまだ決まっていないですが
現状では6曲入ってます。それを全部使うか分らないけど。
ちなみにサウンドテストはないです。サウンドトラックの配信予定もないです。


そんな感じで今週(先週)は大逆転裁判2の余韻に浸ってたりして停滞気味でした。


そうそう、ガン・コモン完成したら作ってみたいゲームの一つに挙げている
ポイントクリックアドベンチャーのバックボーンに関して閃きがあったので、
それに関してプロットを書いたりコンセプトアートを描いたり・・・したいです。
まあガン・コモン作らなきゃなので出来ないんだけど。


ガン・コモンと言う名の終わらない夏休みの宿題(夏休みじゃないけど)。
提出必須、逃げられません!!


・・・今回は近況報告のみの更新と言うことで。ではまたね。