カベジマ研究所2

Legasyswareのゲーム開発と日常をゆるく適当に綴っていくブログ

最近のゲーム開発

ちょこちょこと。

 

MD仮題は・・・今は爆発の炎をちまちまちまちまと描いている。

ここにこだわるクリエイターはあまりいないと思う。

でも自分は炎が決まらなければゲームも決まらないと思っている。

人の命が燃えて消える。

 

その最後の一瞬の輝きを描かなければ自分の弾丸で倒れた敵兵の

魂も浮かばれない。

 

シューティングゲームを「旅」だと称する人もいる。

最初にその言を聞いたのはファミ通の紙面だったと記憶している。

・・・確か20年近く昔の事だと思う。

 

そう言う考えやゲームとの付き合い方もあるだろうしあっていい。

でも自分にとってのシューティングは「戦い」そのものなので

相手の命を奪うところまで含めて、シューティングゲームなのだ。

 

弱いものを一方的に蹂躙するのではなく、強いふうの戦っているふうが

美しく台詞とポーズをキメて後に互いに着替えて電車で帰るのでもなく、

生きるか死ぬかの戦いの後に・・・生きたり死んだりしたいのだ。

 

爆発の炎は残らない。燃えて掻き消える。

旅では無いから思い出には残らない。だからまたあの炎を見たいのだ。

 

・・・などと書くと放火魔みたいだが、まあ根の部分は同じかもしれない。

違いは放火魔なら火をつけて逃げて野次馬に紛れ遠巻きにそれを眺めるが

自分のような人間は火をつけないし逃げないし眺めない。

 

(ゲームの中では)プロとして仕事として、敵と戦いたいからだ。

そう言う意味ではただの縦・横にスクロールするだけのシューティング

ゲームも自分にとってはロールプレイングなのである。

 

だからこそ、その世界に浸りこむ為に細やかな演出を大事にしたい。

毎回毎回新しいゲームを作るたびに同じような事を書いているけれど

これが自分の創作の根幹だからなのだ・・・と思う。

 

最近マキシマム2に対してコメントを戴いた。

あれを楽しんでくれる人もいるのだと勇気を貰った。

 

そう言えばitch.ioにあるデモは旧バージョンであった・・・と言う事で

マキシマム2のデモもそろそろ全面的にバージョンアップしようと考え、

こちらも現在ドット絵や細部の修正を行なっている。

f:id:legasysware:20220126233657j:plain

前から気になっていた2面のボスの攻撃の修正は終わり、5面と6面の

ボスに手を付けようかと言う段階。デモ版では戦えないけど。

 

レガシスウェアのゲームはどれも面白い。けれど旅でもごっこでもなく、

身を持っての体験だから踏み込むのには覚悟がいる。

 

そんな事も踏まえ開発者的には「気軽に触ってみてね」とは言いづらい。

けれど気軽に触ってみて欲しい。

 

人生って・・・覚悟する猶予も普通は無いし、

気が付けば巻き込まれているものだから躊躇するな・・・とね。

2021年ゲーム制作振り返り

とは言え、結局進展無し。

 

今年は「ゴッチャサッカー」と「ミキウォーズ・ファイナル」、

あと「オー・ワールド」の完全版の3本を公開出来たのだけれど・・・

メインのプロジェクトには結局表立った進捗は無かった。

 

楽しみにしてくれている方々には本当に申し訳ないなと思う。

「DG(仮題)」や「BtUB(仮題)」などは既に動き出している様な

仄めかしをしながら、結局続報も無く有耶無耶にしてしまっている。

 

本当に作るか作らないかは一度はっきりさせておくべきだと思う。

先ず、「DG」は当面開発再開しないと思う。

 

「MD仮題」でも「DG」の2大要素の一つ、シールドのアイデアを使っていて

しかも「DG」のものよりも使い勝手が良いので、正直「DG」への情熱は

冷えてしまっている。「DG」を再開する為には全く新しいアイデア

必要となる。

 

「BtUB」は元々小スケールのゲームでジャンルも自分が挑戦して来ていない

タイプのものなので、こちらは手が開いている時にでも進めたいと

思っている。

 

以前デモ版を公開して以降、何の動きもない「やっつけ!ワルイルス」は

今の世界情勢では企画として相応しいとは思えないので、COVID19の

感染が収束した時にもう一度エンジンをかけ直したいと思う。

 

「マキシマム2」は「MD仮題」が終わったら、又はある程度見通しが

立ったら再開したい。

 

「忍者むん」はまだ何も始まっていないので特にコメントも無いのだけれど

新プロジェクトとして発表している以上、定期的に情報を出す義務と言うか

責任はあると思う。これも「MD仮題」が終わったら開始されるだろう。

 

3分ゲーにも新作ミニゲームを投入したいけれど・・・2022年は難しい

かもしれない。余裕があれば簡単なゲームを数日で作って参加したい。

 

来年は「MD仮題」の発表が出来れば良いと思う。

このゲームは価格1000円程度でSTEAMでのリリースを目指している。

現状セルフパブリッシングには難があるので先ずはデモ版を公開し

イベント等に出品して、その流れでパブリッシャーが見付かれば

一番ありがたいのだが・・・さて果たしてどうなる事やら。

 

では皆さん、来年も良いお年を。

当ブログは正月明けに更新再開の予定です。

f:id:legasysware:20211231221329p:plain

MD仮題

 

レトロゲーム復活は単なるブームに過ぎないのか?

12月18日、ゲームセンターミカドにより予告されていたYoutube配信にて、

セガトイズ販売のアストロシティミニに関する新プロジェクトとして

アストロシティミニ Vが発表された。


www.youtube.com

個人的には・・・ミニハードはもうこりごりだぁ・・・と言う心情なのだが

今回は縦画面専用でほぼほぼシューティングゲームのみ収録の異端ハードで

おしなべて、東亜プランミニでもあると言う事で・・・予約はした。

 

笑顔は無い。

 

あのゲームやこのゲームが初移植・・・と言うのには響くものはある。

ただなぁ・・・まあアストロVは収録内容の特殊性から、

単に昔を懐かしんでゲームセンターのゲームが好きな人が買う様な

商品では無いので「剛の者」特化と言う意味で正しいのかもしれない。

 

バトライダーに1万円、バトルバクレイドに1万円でおよそ2万円

・・・みたいな皮算用の出来る人だけが買えばいいと言うことなのだ。

 

昨今レトロゲームの復刻が相次いでいる・・・様な気がする。

幻のメガドライブ版MAD STALKERのリブート版やグレイランサー再販、

時計仕掛けのアクワリオ、つい最近アナウンスがあったガイアレス再販、

任天堂スイッチでは有料オンラインサービス加入者向けにメガドライブ

N64のゲームが配信開始になった・・・などなど。

 

単にオールドファンを喜ばせようと粋な計らいをしてくれた・・・

みたいな話ではなく、商売として成立するからやりだしたに過ぎない。

 

悪いことでは無いのだけどこうなると鉱脈探しに躍起になる人達も現れて

レトロゲームの権利の奪い合いになるのではないかと言う気もしてくる。

M2さんみたいな所には逆風になる可能性もあるのではないか?

 

自分はなるべく新しいIPを応援したいのでそう言った伝説級のゲームの

復刻はゲームマニアとして嬉しい気持ちもある一方、同時に複雑な感情も。

 

MD版MAD STALKERやアクワリオなど、未発売ゲームのリブート作には

新作の側面もあるので応援しているのですが。

 

個人的に「あっ」と思ったのは欧州MEGA DRIVE/SEGA GENESIS版の

JIM POWERが知らない内に完成版がリリースされていたと言うこと。


www.youtube.com

 

PCエンジン版とSNES版は発売され、GENESIS版もゲーム自体は

おおよそ完成していたのだが諸事情により発売中止となっている。


www.youtube.com

流出したベータ版の映像があるので比べてみると判るがそちらには

メインBGMが1曲しか入っていない。完全版は一部のコアなファンから

長く望まれていたものだったのだ。

 

常識的には「叶わぬ夢」の筈だったがKickstaterプロジェクトにより、

この未完成の未発売ゲームはリリースされるに至ったのだ。

(ちなみに発売されたスーパーファミコン版とは一部内容が異なる)

 

しかし・・・だ。

 

数年前からじわじわとブームになって来たレトロゲーム復活、

素直に喜べない、なにか片隅に引っかかるものがある。

 

以前と比べ、大手メーカーから発売されるゲームの本数は

減っている気がする(インディータイトルは爆増しているが)。

 

完全新作となると更に少ない。

 

コロナの事もあり、来年以降のゲーム産業の動向は予測が付かない。

そう言う中でレトロゲームは少ない投資で確実に客を取れる

コンテンツへとその立ち位置を変えつつあるのかもしれない・・・。

MD仮題は大変なゲーム

悪い意味じゃなくて。

 

・・・いや、作ってる人間からすれば作業工程の多さと求められる

クオリティの高さにクラクラしてしまうわけだけれど、完成すれば

自分の作品の中でも「大好きなゲーム」として語る事の出来る様な

良い物になりそうな気がしている・・・まだ完成してないので、

気がしているだけ。

 

基本システムが少しずつ具体的になってきた。

5+2種類のいつでも切り替え可能な武器(武器3番は保留中)と

防御は確定、通常移動と高速移動の切り替えは恐らくオミット。

その代わり高速移動のシーンはステージとステージの間の箸休めで

チャレンジングステージ的に導入しようかと思っている。

 

ゲームシステムは前作ミキ・ウォーズ同様に一撃でも食らったら

即ゲームオーバーの1ライフスタイルで、その代わり防御する事で

難所を耐え抜く様な・・・マキシマム2にも似たアプローチ。

 

武器はアイテム取得で増えていく仕様なのだけど

「ミスしたら失う」事が無い・・・ミスしたら即ゲームオーバー

と言う事で、武器の取得と剥奪をどうルール化するかで悩んでいる。

 

前作ミキ・ウォーズでは敵の出現は自動生成だったけれど、

新作のMD仮題は敵の出現順や攻撃は毎回固定でアーケードゲーム的に

スコアアタックも楽しめるようにしたいと考えている。

 

オンラインスコアボードみたいなものは無理ですけどね・・・

 

今の所ランク制にして華麗にプレイすればするほど難易度は上がる、

その代わり得点倍率も上がり・・・上手ではない人ならば難易度は

下がるけれどクリアしてもスコアは低くなる・・・と言う様な

ゲームになる予想。

 

ただ、万が一完成したところで肯定と否定が半々くらいになるのかも。

人によってはきっぱり「パクリゲー」との烙印を押されるだろう。

とにかくパロディ色が濃い。

 

2022年以降に出るゲームとして期待されるビジュアルやサウンド

一切無く、パロディやオマージュで埋め尽くされていても現代風に

アレンジ・昇華させたものにはならず、まるで昔の未発売ゲームが

倉庫から発掘されたみたいな、新作としての感想を述べづらい作品になる。

 

全然完成に近づいていないし大変なゲームだ。

 

f:id:legasysware:20211207225137j:plain

影を聞かずして何を聴く

ゲームで使用される音楽についてちょっと思うところがあった。

 

「ゲームのラスボス戦の曲はボスの絶望的な強さを現したものよりも

勝利への希望を感じさせるものの方が好み」と言う意見を見たのだ。

 

そう言う考え方は解らない事では無いし、いかにも大衆的な感じ方だと

思うが正直良いことでは無いと思った。

 

・・・と言うのも「コンポーザーがどんな感覚で曲を作っているのか」

と言う事を無視しているからだ。

 

楽しい曲やノリの良い曲は皆好きだし作曲者だって当然そうだと、

思うだろう?・・・必ずしもそうでは無い。

 

恐ろしい敵が現れたらその恐ろしい敵=怪物の姿かたちや匂い、

或いは持っている能力や武器などが・・・『音楽』として見えるのだ。

表現者であればそれを表現したいと思うのは当然の事である。

 

しかして、大衆はそれをさせずに

「ラストバトルでは主題歌をバックに流して欲しい」とか、

「暗い曲は嫌い」「煩い曲は邪魔」「不安になる様な音を使わないで」

・・・など、表現者たちの出鼻を挫くのだ。

 

「自分にはこう言う世界が見え、こう言うものを感じ、

それを音にすることが出来るのにそれをさせて貰えない」

と言うのはコンポーザーにとっては苦痛だ。

 

ノリの良い曲や楽しい曲、美しい曲を作る事は楽しいが、

それはそう言うシーンを思い描けばこそ。

 

いや、この作品にはそんなシーンしか無いのですよ・・・

もしそんな事を言われたら地獄だ。

 

光あるところ影あり。

 

光にしか用の無い世界は様々な物を見てみぬ振りして上辺だけを

有り難がる偽りの国だと思う。

 

勿論人それぞれ、聴衆も作曲者もひとりひとりで考え方は違うし

作品のテーマにも寄るだろうけれど。

f:id:legasysware:20211115123739j:plain

 

MD仮題

 

ミキウォーズ・ファイナルが完成していよいよ新作の制作再開!!

と言ってもバリバリ進めているわけでも無くて、新作の開発は

いつも通り外回りから埋めていく感じ。

 

先ずはタイトルロゴが何となく基本形が出来たかなと言う按配。

悪くは無いんだけど「これだ」って言う段階には至っていない。

デザインだけ見ればオシャレでカッコいいんだけど、じゃあゲームの

タイトル画面に表示してみたらどうかと言うと・・・って感じ。

 

タイトルロゴは正直難しい。

デザインは得意な方だけど流行やウケの良さなんかは

デザインの良し悪しとは必ずしも一致しない。

 

世のお客さん皆が一流のセンスを持っているわけじゃない。

ダサいかダサくないかで言えば、この世の人間の殆どはダサい。

なので難しいのは当たり前なのだ。

 

次にBGM。1面や最終面の曲は「よし今から行くぞっ!!」とか

「これで最後だ気合入れていこうぜっ!!」みたいな感じで

感情移入しやすいしイメージも作りやすい。

 

でも2面とか4面とかの偶数面は「水のステージ」とか「火のステージ」

みたいな感じでロケーション中心で提示される場合が多いので自身の中で

明確なイメージが出来ていないとフレーズも想像し難い。

 

ビジネスコンポーザーならちょちょいと出来るんだろうけれど

自分は感情移入させていくタイプなので「アレみたいに」と言われても

アレをもじったものならば簡単に出来るけれど「アレみたいなので別物に」

と言うのは中々大変なのである。

 

今回の新作はもじりもあるけれど基本的に主人公とロケーションの雰囲気から

作って行ってるので「あれ・・・あそこ、水道あったっけ?」みたいな

迷いが出ると直ぐに行き詰ってしまう。

 

とりあえず手間取っていた2面はメロディが出来たのであとは編曲だけ。

折角なので途中版を貼っておく。この曲の完成版は実際にゲームや動画が

公開された時のお楽しみと言うことで。

 

この新作はタイトルを明かしても別に構わないんだけどもしかしたら

頓挫するかもしれないのでもう少し先が見えてくるまで伏せておこうと思う。

とりあえず『MD仮題』と呼んで下さい。

 

全ステージのBGMが入ったらゲーム部分も本格的に作り始めるので

それまでは画面写真だったり動画だったり、直接的な情報発信は無いと思う。

 

他にも色々とリリースされていない企画が目白押しで肩身が狭いのだが、

まあ問題ない。いずれ完成させるので。ではまた次回。

f:id:legasysware:20211020134145j:plain