カベジマ研究所2

Legasyswareのゲーム開発と日常をゆるく適当に綴っていくブログ

そしてお気をつけ遊ばせ

もう直ぐ梅雨明けが宣言される・・・と言うか私の住んでいる千葉県では
雨が殆ど降っていないので梅雨は無かった、と言うのが正解かもしれない。


九州や東北が豪雨に見舞われた一方、関東地方では雨が降らず水不足。
ついでに北海道では全国の最高気温を記録していたりの異常気象。
これで温暖化など無いなんて言ってる人が居るんだから驚いてしまう。
(とは言え、異常気象が温暖化によってもたらされたのだと言う確たる証拠もない)


昨日は東京ではゲリラ豪雨に強風、雹まで降っておまけに落雷で停電。
・・・でも千葉では小雨が数分降った程度でやはり地面は乾いています。
例年通りの夏ではないですよね。異常気象です。


さて、前置き終わり暑いですね。
雨が降った地域降っていない地域の差はあれど、気温が上がって
猛暑日なのはほぼ全国かわりがない筈。熱中症にはお気をつけ遊ばせ。




レガシスウェアでは自分達の作ったゲームを陳列して頂ける場を
常に探っておりまして、そのようなサービスを行っている企業もある程度
限られてきますから「どこにわらじを脱ぐか」みたいな算段なのですが・・・
最終目標はsteamだとして、その前段階をどうしようと頭を悩ませています。


先日、Syake株式会社さんの提言するユニークなソフト配信サービス
SYAKERAKE(シャケラケ)がサービス開始となりディベロッパーとしてのみならず、
1ユーザーとしても興味津々なのですが、このシャケラケ、なんとユーザーが自由に
値段をつけることが出来る、言い値で買える配信サービスなのです。


まあ所謂「Name Your Own Price」ってあれなんですけど、
無料でダウンロードして気に入ったら好きなだけ払って構わないと言うものです。
購入時に選ぶのではなく後から払うことが出来る、分割払いも可・・・と言うことで
シャケラケはどちらかと言うとパトロンになって支援するような感覚なんですかね?


面白そうなんでいつか挑戦してみたいとは思うところなのですが、
ディベロッパーとしては主力商品は置きにくいなと言う気はしますね。
実験的なタイトルやプロトタイプを置いて反応を見るとかsteamなどで
売りにくい未知数のタイトルを置かせて頂くなど使い方は様々考えられますが
それだと、果たしてユーザーはどうなのだろう?


シャケラケの想定するユーザーはライト・カジュアルとは真逆にあるような
人達だと思うので(むしろ開発者・同業者が多い?)シャケラケに共感する
ユーザー中心になるだろうとは思うけど、実際どの様に受け入れられていくのか
或いは受け入れられないのか、動向が非常に興味深いです。


今のところ支払い方法がクレジットカードのみなのがハードル高いかな。
webmoneyとか使えるとありがたいんだけど。




さて、では我々レガシスウェアのゲームはどうなのかと言うと・・・
未だに背景描き描きです。作業が遅いです。


一応1面の背景がこんな感じにはなっています。


これはTiled map editorの画面をエクスポート(縮尺状態)したものですが
おおよそこの感じで、更に描き込みをして完成となるでしょうかなぁみたいな。
(黄色い四角は1画面分の区切り、インポート時に取り除かれる)


描くのはあまり早くならないですがこの方式でマップを作るのには慣れたので
この作業自体も先は見えたかな・・・完成はまだまだ先の話だけど。
レガシスェアの動向にもお気をつけ遊ばせ。


そんな感じですかね。今回はこの辺で。ではまたね!